« コメント100記念 | トップページ | 観月兎々 »

土蔵造りフェスタで蒔絵チャレンジ

今日は、夕方に地元高岡にある土蔵造りの町並み山町筋で「土蔵造りフェスタ」が催されていました。

朝まではなんの情報も持たなかったんだけど、たまたま蜂の巣の「あうん」さんと連絡とってたら、昨日と今日は土蔵造りフェスタに出展しているとのkと。

この時点でもあまり行く気にはなっていませんでした。

午後にさまのこ通りにある大寺幸八郎商店へ顔を出したところ、フェスタのチラシを見せてもらったら、気になるお店を一箇所発見。

「蒔絵体験」800円

おおっ!これはやってみるべし。ということで、さまのこ通りから山町筋はほんの目と鼻の先。いそいそと出向いていきました。

蒔絵体験をさせてくれるのは、「井波屋仏壇店」さん。

こんちは~っと入っていくと、狭いお店の中に、狭い作業台。そうとうなゴチャゴチャ感のある体験教室(?)多分、ボク以外誰もやってないんじゃないかしら。

教えてくれるのは、蒔絵師の亮さん。

本来は、紙に下書きした絵をチタン粉でなぞりそれを板に転写。絵から描いてると時間がかかるので、いくつか図案が用意されており、チタン粉での”」なぞり”も済ませてありました。

そのなかから、夫婦鹿の図案を選択。

紙を板に乗せて、消しハンみたいに上からこするとチタン粉が転写されます。

ただし、これは消しハンみたいな完全な転写ではなく、あくまで参考にする程度。「あたり」と言っておられました。

続いて漆で実際に絵描きをするのですが、本漆では素人は”かぶれ”ちゃうということで、カシュー(油性漆塗料)で絵付け。筆で絵を描くことに慣れていないボクはとっても手こづりました。

絵を描き終わったら、金粉を筆で蒔くのです。ここからきたのが「蒔き絵」という名前。

最後は、絹綿で拭き上げ、磨くようにして吹き上げると、キレイに先ほど描いた絵に金粉が乗っています。亮さん曰く、この絵はこれで一生消えないとか。すばらしい!!

Photo

いい体験させてもらいました。

その後、あうんの出店している場所へ。しばらくお話しをしていると、金沢でハンコで活躍されている”のり&ベージュ”さんが来店。以前から、作品は拝見しており、ブログもちょくちょく覗きにいったり。本人に会うのは初めて。あうんさんの紹介によりご挨拶させてもうことができました。

とってもステキな方で、ハンコ彫ってるところで出会いたいねと話しをしつつ、お別れしたのですが、いい出会いのあった一日でした。

ホント、いろんな偶然が重なっての出会いなので、ボク的にはとても嬉しい出会いだったのです。いろんなとこで人はつながってくんだな~とまさに実感できました。

|

« コメント100記念 | トップページ | 観月兎々 »

はんこ」カテゴリの記事

コメント

こちらこそ、<(_ _)>本当に嬉しい出会いでした。
さて、リンクさせてもらってもいいでしょうか?(・・・って先にしてしまってるのですが ^_^;)
まだ、パラパラとしか日記を拝見してませんが、本業とのバランスや、使ってるカッターとか?(笑)
自分と重なる部分が見えて、興味深いです。
これからも、よろしくお願いいたします(^^♪

投稿: のり | 2007年9月 2日 (日) 23時34分

わあ!わあ!
いいなぁ~~蒔絵体験!!
しかも800円で!?
こういう体験物好きなんですよね~~
夫婦鹿もいい味出てますね(●´ω`●)
小学校の修学旅行で漆器工房見学したのを思い出しました。その時は会津若松でしたけど。
ステキな出会いもあって、よい休日でしたネ♪

投稿: Q子 | 2007年9月 3日 (月) 02時13分

>のりさん
いらっしゃーい(^^
昨日は初めて生のハンコ作家さんと交流できて、正直ホッとしたのです。
結構、ひとりで悩んじゃうこともあるんだよね。いろいろと気軽にあーだこーだ言いながらハンコ作ったり、相談したりできたらありがたいです。
あはは、カッターこだわってるね~。のりさんのカッター今度使わせてみて欲しいなぁ。

>Q子さん
こんばんは。初めての蒔き絵は楽しかったよ(^^ 
しかも、全然蒔き絵体験教室みたいなところじゃなくて、店先で無理やりやってるって感じがとても親しみやすかったよ。
機会があれば今度は自分の図案で描いてみたいな。

投稿: ぜん | 2007年9月 4日 (火) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/380831/7779921

この記事へのトラックバック一覧です: 土蔵造りフェスタで蒔絵チャレンジ:

« コメント100記念 | トップページ | 観月兎々 »