« 洞杉探訪 | トップページ | 唐突に更新してみた »

山椒は小粒でも

今日もひとり遠足してきました。

地元の医王山山系の白ハゲ山にある鳶岩に挑戦してきました。

医王山も白ハゲ山も標高は1000mも無いんですが、なかなかスリリングな山でした。

朝の7:30頃から歩きだして山の中へ。

普通、登山は登るんですが(当り前か。。。)ここはスタートから下ります。

途中、豊吉川を渡るんですが、朝霧でかすんだりしてて、とってもきれいでした。

Photo

ここは雰囲気あったなぁ。

次がカニの横ばいと呼ばれる道(?)

Photo_2

岩壁に打ち付けてあるクサリを頼りに、壁にはりついて進みます。

クサリなかったらまず進めません。

次がちょっと寄り道して三蛇ヶ滝。

Photo_3

高低差がだいたい20mくらいの滝です。

ここは開けてて、気分的にもずいぶん気持ちのいい場所でした。

ここでもっとゆっくりしてもよかったなー。

それから鳶岩への分岐をいったん通り過ぎて大池へ。

ここから鳶岩が下から望めます。

Photo_4

時間的にちょうど鳶岩方向に太陽が出ててどうやっても逆光になっちゃう。

この山の左上にとんがって見えるのが鳶岩。

この背中側の岩壁をこれから登ることになるんだけどね。

想像以上でした。。。

1

この状態の岩壁をひたすら百数十メートルよじ登ります。

岩壁はかなりデコボコしてて手掛かりには困らないし、クサリもあるので立ち往生することはなかったです。

いやーちょっとビビりつつも、楽しかったですわ。

途中、下見たら想像以上の高度感で、ちょっとひきました(^^;

2

頂上に到着です。

この右側の背中の傾斜度が下から延々続いていると思っていただければ。。。

一応、記念にこの鳶岩の上にも登ってみまたけど、さすがにこの上は狭くて、周りはなんにもない空間です。真ん中あたりまで行って、登ったことにして引き返してきました。

いや、ほんま怖いんやって。

このあとは、ひたすら上り下りを繰り返しながら白ハゲ山山頂を経由して、夕霧峠からスタート地点へ。

行く前は1000mも無い山とあなどっていましたが、これはかなり楽しめる山でしたよ。

山は標高だけじゃないと実感。

山椒は小粒でもピリリと辛いとはこのことですな。

|

« 洞杉探訪 | トップページ | 唐突に更新してみた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/380831/36557841

この記事へのトラックバック一覧です: 山椒は小粒でも:

« 洞杉探訪 | トップページ | 唐突に更新してみた »